« 新しい扉がつきました | トップページ | 揺れる?祈祷会 »

2010年8月12日 (木)

前夜式に参列しました

昨日はSさんの前夜式に出席しました。

Sさんは10年前から闘病生活が続き、7年前には目も見えなくなり、5年前からは植物人年状態で入院されていました。ご主人とお父様・お母様の看病が大変献身的で、これだけ大変な状況にあってもここまで生きられたのは、その献身的な看病のおかげだと言われています。

Sさんは病気になっても、愚痴一つこぼさず、いつも笑顔を忘れませんでした。実際、私がお会いした時はいつもすがすがしい笑顔でした。

印象的だったのは礼拝にご夫妻で来られ、帰られる時に、目が見えないのですが、自転車に二人乗りして帰られるのです。「危なくないですか」と聞くと、「主人にしがみついているから大丈夫です」とやはり笑顔でいわれるたのです。ほほえましい光景でした。

葬儀は青梅の母教会で行われ、ご自分で作曲された曲が流れていました。
すばらしい前夜式でした。

全ての方に、Sさんの信じたイエス様の救いが受け継がれるように祈りました。

|

« 新しい扉がつきました | トップページ | 揺れる?祈祷会 »